【どっちがいい】スマホカメラと一眼レフは結局何が違う?

デジタル


にゃん吉
にゃん吉

写真始めたいし、カメラ欲しいなー

お金ないからスマホでもいいのかなぁ?

にゃご助
にゃご助

写真始めたいの?

最初はスマホでもいいと思うけど、ちゃんとやりたいなら最終的には良いカメラを買うことをオススメするよ

にゃご助
にゃご助

せっかくの機会だし、スマホと一眼レフの違いを説明するね!


こんにゃちは

今回は写真・カメラ始めたいけどスマホと一眼レフどっちがいいのか、違いについて解説していきたいと思います。

最近のスマホは進化が早くてカメラ業界も危し!といった状況ですがここで改めて一眼レフ(ミラーレス)って何がスゴイの?といったことをまとめてみたいと思います。


「スマホで十分でしょ」「撮れれば何でも良くない?」「何が違うの?同じでしょ?」

が口癖の人に惑わされないようにしっかりと違いを理解しておきましょう。

スマホと一眼の決定的な違い

スマホと一眼レフの違いは沢山ありますが、やはり大きな違いはセンサーサイズとレンズ交換です。

豆粒サイズのセンサーのスマホに対して一般的な一眼(フルサイズ)は約6倍の大きさです。

スマホのサイズからすればセンサーが小さくなるのは仕方ないことですが

じゃあセンサーサイズが大きいと何が良いのか。

・画質が良い

・暗闇に強い

・大きく引き伸ばせる

・ボケを作りやすい

などがあります。


そしてレンズ交換できると何が良いのか。

・焦点距離が選べる(近くや遠くの被写体が自由に撮れる)

仕上がる写真の質感を変えられる

・マクロレンズやレンズフィルターを使うことで肉眼では見れない世界が撮れる


簡単にまとめると

スマホよりも表現の幅が広く高性能=イメージ通りの写真が撮りやすい

と言えますね。まさに大は小を兼ねる。


要するにスマホで十分という人は・・・

スマホでカバーできる写真しか撮らないので自分にとっては十分!!」

と言っていることになるんです。


なので結論言ってしまえば、スマホであろうが一眼であろうが自分の使用用途に応じて使っているのであればどちらが良いも悪いもないと言うことですね!


どっちが自分に向いてるのか、写真を始める前に一度考えよう

以上のことを踏まえると一概に「いいから一眼買っとけ!」とは言えないわけです。

結局合わない人が一眼を何となく買ってしまってもすぐにカメラが埃をかぶる様子が目に浮かぶので・・・笑


まずは写真を始める前に自分はどんな写真が撮りたいのか。

本気で趣味にしたいのか。

を浅〜くでもいいので考えてみてください。


例えば風景よりも人物の写真をメインに撮りたいって人はやはりボケ感を出したり、暗い場所でも対応できる一眼を買うべきですし、記念写真や昼間の風景を撮りたいレベルであればスマホで十分であったりします。


スマホよりはしっかり撮りたいけど、一眼は大きくて持ち歩かなくなりそう。。。

という人には高級コンデジという選択肢もあります。

また、不便でも写真の質感を重視したいという人にはフィルムカメラもオススメできます。


などなど、自分が撮りたい対象や考えによって向いているカメラ、向いていないカメラがありますので後悔しないためにも事前勉強・準備は最低限必要です。


にゃん吉くんのようにお金がないけど手軽に始めたいと言う人は正直スマホで良いと思いますし、自分が撮りたいものが分かってきたり慣れてから本格的なカメラを購入する流れも全然ありだと思います。


とにかくやってみようの精神ですね。大事です。


でもやっぱり写真趣味なら一眼をオススメしたい

一眼の性能がすごいというのは正直誰でも想像がつくことだと思います。


筆者が長年写真を続けてきて言えることは、一眼は性能面以外にも精神面にもメリットがあることが分かりました。


自分が写真を趣味にしている人という箔がつき自信につながる

スマホは殆どの人が日常的に使っています。

皆ができることを自慢げに趣味です!とは中々言いにくいですよね。

自分がプロのカメラマンと名乗っていてもメインカメラがスマホだったら拍子抜けしてしまいます。


なので、まずは形から入るというのは結構大事な事だったりします。

「自分はカメラマンだ!」「写真を趣味にしてます!」

と言うにはそれなりに技術や自信がなくては堂々とアピールできませんよね。


その為にも本格的なカメラを使うといった行為は写真を始めるに当たっての気合いやモチベーションにも繋がってきます。

高いお金を払って三日坊主は避けるようにと自然に努力すると思いますし

モチベーションが保てれば、写真に対する意識が強まり成長できる可能性も高まります。

周りの人からもあの人は写真をやっている人だと分かりやすいですし。

外でスマホでパシャパシャ撮っていてもカメラマンだとは思われにくいでしょう笑


そういった精神面での違いも後々大きく差がついてくると思います。


慣れてきた頃に自分の世界観を作りやすい

冒頭に触れた通り、センサーサイズやレンズ交換により表現の幅はスマホよりも確実に高いです。


最初のうちは観光地やインスタ映えスポットで何となく撮っていた人でも1〜2年も続けていると、自分だけの場所や表現で撮りたくなってくる時期が訪れます。

そういったときに、カメラのカスタマイズ性や機能面が多ければより自分の意図したイメージに近づけやすくなります。


シャッタースピード、絞りの調整。レンズの描写による質感の違い。

などなど自在にコントロールすることで自分の世界観をどんどん詰めていけます。


そういった長いスパンを考えるとやはりスマホのシンプルな操作性では手が届かない場面がどうしても出てきてしまいます。


スマホと一眼レフのメリット、デメリット

簡単にスマホと一眼レフの違いをまとめると


スマホカメラ

・軽量でいつでも持ち歩ける

・スマホの画面で見る分には一眼との差は僅差

・ボケ感は作りにくい(ポートレートモードの進化次第)

・撮れないものもある、制限が多い

・ズームすると画質が劣化する

・暗闇に弱い

・写真撮ってる感(プロ感)が薄い=趣味としては力が入りにくい


一眼レフ

・重くて持ち歩きが大変

・ボケ感はスマホよりも綺麗で圧勝

・解像度が高く、印刷向き

・レンズ交換で何でも撮れる(被写体に依存しない)

・ズームしても画質劣化が少ない

・暗闇に強い

・プロフェッショナルを感じられる=自信につながり上達しやすい

・値段が高い(中古の型落ちが狙い目)

 

こう比較してみると一眼の欠点は重いことくらいですかね。

しかし最近はミラーレス一眼などのフルサイズ機でもどんどん軽量化されてきているのでそうなるとデメリットはあまりないです。

写真専用機なのでスマホと比較したらメリットだらけなのは当たり前ではありますが・・・


結論:最初はスマホでOK、慣れたらぜひ一眼レフへ

お試し感覚でもまずはスマホから初めて、写真の楽しさに気づいたら一眼レフの購入を考えてみる。

またはいきなり一眼レフを買って、趣味としてのモチベを上げる。


「あなたが写真を撮っていて楽しい方が正解」


写真でも何でも結局は継続が一番大切です。

一眼買っても重いということがネックで挫折したら意味がありません。

相棒は自分でしっかり選んで行きましょう。


にゃん吉
にゃん吉

お金を貯めつつもしばらくはスマホで撮って

来年にはいいカメラを買ってやるぞ〜!

にゃご助
にゃご助

目標があるとワクワクするよね!

何事も継続が大事だね

コメント

タイトルとURLをコピーしました