【展示情報】2021年度の御苗場写真展が5月に開催するらしいのでご紹介【出展応募3/31まで】

写真と生活

こんにちは、キクタバヤシです。

今回は僕のおすすめの展示を紹介していきます!

2021年度の御苗場写真展が5月に開催するらしいのでご紹介

公募型の大型写真展

御苗場が今年も5月に開催されるそうなのでご紹介します。

かなり大規模な写真展です。

近いものにはデザインフェスタとかもありますがあっちは写真以外も含まれるので、

そういう意味ではまさに日本最大級と言える展示です。

<概要>

【開催日時】2021年5月14日(金)~5月23日
【会場展示期間】2021年5月20日(木)~5月23日(最終日17:00まで)
【オンラインイベント開催期間】2021年5月14日(金)~5月23日
【会場】3331 Arts Chiyoda( 3331.jp )・御苗場Webサイト( www.onaeba.com

<出展プラン3種>

プラン1:壁面展示
出展料:[一般]¥32,900 [学生]20,800

プラン2:テーブル+パーテーション展示
出展料:[一般]¥32,900 [学生]20,800

プラン3:スライド&ムービー
出展料:[一般]¥32,900 [学生]20,800
※全て税込

出展しなくても見るだけでも面白い

実は僕も数年前にこちらの御苗場には参加したことがあります。

ほぼ誰にも告知せずに展示したのでクソ孤独が顛末を迎えましたがw

ジャンル指定などもないためあらゆる写真が出展されて良い具合にカオスです。

わいわいしてて見てて飽きない展示です。

あとは1つの特徴として、審査なしの公募型のため作品が完全に参加者に委ねられているので、

この御苗場の作品を見るだけで近年の写真のトレンドも追えるように思います。

ぼくが参加した年は、たしか風景とポートレートが多かった気がします。

近年はクオリティの高い写真がどんどん増えてきている傾向にあるような気がします。

アートっぽいやつも近年は増えてきてますね。

出会いのチャンス

御苗場に出展すると、複数人いる著名なレビュアーさん方がいくつかの作品をセレクトしてくれて、

それで賞が授与されます。

もしそこで選ばれれば、作家としての大きな1歩になるかもしれません・・

出展は審査不要ということ

公募なので、審査等なく気楽に参加ができます。

受賞とかあまり気にせず、

今までSNSで公開してきた写真をプリントアウトして人に見てもらうだけでも楽しいですし、

様々な発見がありますよ!

個展での集客の難しさをクリアできるということ

こういう公募型の大型写真展の一番のメリットはこの集客不要の面だと思います。

ほっといても沢山の人が通りかかってくれるので、

作品を沢山の人に見てもらうことができます。
(=様々な出会いのチャンスになります。)

仮に自分で展示を開催する場合、

自分が頑張って告知をしておかないと、

マジで1日に一人もお客様がこないなんてことにもなりかねません。

ちなみにぼくも告知に力を入れなかった結果、

ほぼ会場に座ってるだけのずいぶん寂しい展示をしてしまったこともあります。

※それはそれでこぢんまりしてていい面もありますが・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました